研修・福利厚生

研修・福利厚生 一覧

学生教育

実務実習

薬剤師像の形成に影響を与える、そう思うからこそ常に全力でサポートします。

アペックスでは薬学生の薬局実務実習を毎年受け入れています。
4年制だった時代から数えますと実に15年近くの受け入れ実績があり、認定実務実習指導薬剤師だけではなく店舗スタッフ全員で学生をサポートしています。
私たちが常に気を付けていることは、実習生にとって実務実習で得た経験が今後目指すべき薬剤師像の形成に少なからず影響を与える、ということです。 そのため、均一な指導を行うことよりも学生ならではの自由な発想を尊重し、また気づきを促すことを最も大切にしています。もちろんコアカリキュラムに則った共通の指導マニュアルに基づいて行っていますが、当社は決して大きな会社ではないので、患者さんのためになることならどんどんやっていいんだ、ということをぜひ知ってもらいたいと思っています。
当初は引っ込み思案で薬情をただ読み上げるような投薬を行っていた方も、実習が終わる頃には患者さんに対して何くれとなくお世話するようになり、すっかりアペックスの一員になっています。
そんな彼らの実習が終わる時には、まるで退職する社員の送別会のようなお疲れ様でした会を開き、今後の薬剤師としての活躍を願って送り出す、そこまでがアペックスの実習です。

早期体験実習

期待値を上回ること、それが勉強のモチベーションにつながります。

アペックスでは、大学に入学後間もない学生さんに卒業後の進路をイメージしてもらい、かつ学習意欲を高める早期体験実習の受け入れを行っています。
そこで大事なのが実習生の期待値を上回ること。ただ見ていただくだけでは目新しさや新鮮さだけが残りそこで終わってしまいます。どの瞬間・場所を切り取っても患者さんへの配慮が散りばめられていて、その意図を理解し実感していただく。それが今後薬剤師を目指すモチベーションにつながると私たちは考えています。

応用実習

もっと学びたい、そんな意欲のある学生が当社の門を叩きます。

当社の在宅医療への取組みは92年の医療法改正後間もなくスタートしました。当時は非常に先進的だった保険材料や衛生材料の提供なども行っていたことから、当社の取組みがテレビなどメディアで取り上げられたこともあります。
また当社管理栄養士による栄養改善事業(在宅訪問栄養指導)は他に類を見ない取組みとして注目されています。そんな当社の取組み・現場をぜひ一度見たい、卒業研究のテーマに取り上げたいと、今までに多くの方がいらっしゃいました。
実習、と名がついてはいますが決まったプログラムがあるわけではなく、その方が何を見て何を学び結果どうなりたいのかをお聞きした上で、それが叶うプログラムを個別に作成しています。

あぺっこ会

新しい形・機能の薬局を創るなら?

主に学生の方々と、今後の薬局について語り合える機会を持ちたいとの考えからイベントを開催しています。
過去開催した際はある条件の下「新しい形・機能の薬局を創るなら?」をテーマにグループディスカッションを行いました。ある種の「夢」を語ることで学生さん同士熱意が触発される場となることや、当社薬剤師のほか関係企業のMRとして活躍する薬剤師の方にもご参加いただくなど、進路相談の場となることも。
現在の薬局業界を取り巻く社会情勢や実習での経験を通して培われた学生の想いが自由かつユニークなアイデアを生み、それは「薬局の新しい可能性を創造する」ことを理念とする当社にとって非常に貴重な意見であり刺激となっています。

教育研修

新人薬剤師合宿研修会

50人が同期薬剤師!この繋がりがこれからの医療を担います

毎年5月に薬剤師あゆみの会が主催する新入社員研修会に参加しています。15社から約50名の新人薬剤師が集い、実践講義・実技実習・グループワーク・ランチョンセミナー等を3泊4日でこなす内容の濃い合宿です。
薬剤師としての実践的なスキルやその姿勢などを学ぶかたわら、接客接遇の基本といったような、一般的な企業が行う社会人としてのマナーを学ぶ研修もございます。
また本研修を通じて、自社だけでなく他社の新入社員とも同期薬剤師として繋がりを持てるのもポイントの1つです。ここでの繋がりが、これからの医療を支え進めていくものであってほしいとの願いも込められています。

福祉施設体験研修

健康に意欲的な方ばかりではない。だからこそやるべきことがあります。

お薬をお求めになる方の多くは高齢者であり、その傾向は今後増々強まっていくでしょう。その中で薬剤師に求められるものは何か。豊富な知識もさることながら、それをわかりやすく伝え、ご理解いただくための努力が求められます。また必ずしも健康に対して意欲的な方ばかりではないため、そういった方の健康への意識を高めていくためにも、相手のことをよく知り、理解する必要があります。
アペックスでは新入社員研修の一環として、近隣の総合福祉施設にご協力いただき4日間の研修を行っています。研修を通じて高齢者の方との話し方や接し方、配慮すべきところは何かを学んでもらいます。
当日は入居者の方とご一緒にお祭りに繰り出すなんてことも。研修は福祉施設と地元商店街が協力して行うお祭りの時期に合わせて行います。

アペックス全体会議

全社員の意向が今後の会社方針に反映されます。

毎年6月に、全社員を集めた全体会議を行っています。
事前に与えられたテーマについて検討・議論し導き出した答えを、今後の会社方針として採用する重要なものになりますが、勉強会としての側面も持ち合わせています。
15年度の会義では、糖尿病や高血圧といった6つの慢性疾患を各店舗が1つずつ取り上げ、来局された患者さんの健康改善に向けて、どのように薬剤師と管理栄養士が協力して取組むか、その業務フローを構築するディスカッションを行いました。6つの業務フローは精査されいずれ全店舗共通の取組みとなります。自分の考え・アイデアが全社取組みとして採用されるかもしれない、という思いがあるからこそ議論の前提となる知識の習得には余念がありません。
会義終了後は近くのホテルで懇親パーティを行います。日頃の労をねぎらうとともに、全社員が集まる数少ない機会でもあるため、普段はあまり顔を合わせることのできない社員同士の貴重な交流の場です。

明日の薬局を考える会

副作用マネジメントが患者さんの生きる意欲を支えます。

副作用マネジメントのできる薬剤師育成のため、薬剤師あゆみの会らと共同で行う勉強会「明日の薬局を考える会」を年3回開催しています。
病気の治療には、患者さんが自身の健康を意識し積極的に取り組む”服薬アドヒアランス”が良好であることが非常に重要だと言われています。治療がうまくいっていたとしても、副作用によ って患者さんのQOLが低下してしまってはこのアドヒアランスが悪くなり、ひいては生きる意欲が失ってしまいます。
勉強会では製薬メーカーの方や大学の先生方をお招きし、講演をいただいています。薬剤師の存在が、患者さんの治療の励みとなるよう取り組んでいます。

自己研鑚研修

「職能向上」「患者さんへの貢献」を支援しています。

患者さんをはじめ、薬局を利用して下さる方が抱える問題を解決するために、必要となる知識や能力を身に付けることを目的とする自己研鑚研修を推進しています。 どこに着目し、何に必要性を感じるかは社員一人ひとりで異なります。そのため、どんな知識・能力の習得を目指すのか、またどのような方法で修得するのかまで自由に選択し能動的に参加するという点が、全体の集合研修との大きな違いになります。
研修参加に伴い単位を発行しており、認定薬剤師プロバイダーの発行する単位のほか様々な種類のアペックス単位を設定しています。年間で規定の単位数を満たすと手当金のほか認定薬剤師取得のお祝い金なども支給しています。
また、各人が参加した研修を全員が見られる形でデータベース化し、受講をオススメしたいポイントなどを記載してもらうことで、情報の共有と研修促進にも取り組んでいます。

未来創造研修

新しい仕事は、「患者さんのために何ができるか」から生まれます。

既存の業務の強化・改善や、新しい業務の創出を目的に、社外研修への参加や自己学習を行う未来創造研修という制度をご用意しています。自己研鑚研修が、自己の職能向上を患者さんへの貢献につなげるのに対し、未来創造研修は薬局機能向上を目指すものになります。
お薬をミスなく正確にお渡しすることももちろん大事なことですが、病気を治して健康を取り戻すために患者さんが薬局を訪れる以上、私たちの仕事はそこで終わりません。
患者さんが健康になりお薬が減れば、当然今までのような仕事は少なくなりますが、そこに至るまでに試行錯誤し取り組んできたことは、私たちの新たな仕事になります。

福利厚生

内定者フォロー①~奨学金制度~

アペックスグループでは将来勤務する有能な薬剤師を育てたいという目的で奨学金制度を 設けています。夢に向かって頑張っている学生の皆さんが勉学に集中できるように支援 いたします。

内定者フォロー②~国試合格応援企画~

就職のためには、大学卒業試験を経て「薬剤師国家試験」と最後の関門が控えています。 病院・薬局の実務研修また卒業研究を終えて、卒試・国試にむけてラストスパート! 頑張る学生の皆さんをアペックスグループとしてサポートします。
・学校法人医学アカデミー「薬学ゼミナール」のオンライン短期コースを利用
・薬学ゼミナール主催のプレ国試「全国統一模擬試験」で弱点を分析
※費用は全て当社が負担いたします。

産休育休

出産休暇・育児休暇については、規定に基づき取得できます。過去にも数名の実績があり、 取得後には職場に復帰し、薬局の戦力として働いています。薬局長として活躍している社員 もおります。

忘年会

毎年12月の第一土曜日に開催しています。全社員が集まるほか新卒の内定者の方も参加いただいています。

各種保険

健康保険、雇用保険、労災、厚生年金

がん保険(勤続4年目より)

勤続4年目より加入可能です。

退職金