先輩からのメッセージ

栄養指導で食事を管理するのは面倒なもの。だから患者様をその気にさせるのも、管理栄養士の大事な仕事だと感じている。

管理栄養士大嶋 由圭里
昭和女子大学生活科学部生活科学科卒。管理栄養士の資格を取得し、「資格を活かせる仕事がしたい」と就活に臨む中、「地域に根ざしたコミュニティー薬局」を掲げる当社に強い関心を持ち、入社。行政の主導する栄養改善事業に伴う在宅栄養相談に対応し、現在に至る。

薬局に栄養士を置いている当社に、魅力を感じた。

「どうしても管理栄養士の資格が取りたい」と思っていたわけではないんです。高校の頃に進学を考え始めた時、漠然と「資格が取れたらいい」と思い、どうせなら医療系がいいと思って選んだのがたまたま管理栄養士だった、という程度でした。
大学へ進学し、就活の当初は一般企業を視野に入れていました。でも「少しは資格を活かしたい」と考え、医療系で病気に関わるような仕事を探していくと、自然と当社が視野に入ってきました。当時は薬局に栄養士を置くのが珍しく、一人ひとりの患者様と向き合って「地域に根ざしたコミュニティー薬局」を目指すと掲げる当社には魅力を感じました。

実際にお使いのお皿に盛りつけて栄養指導をする。

現在は薬剤師の調剤補助業務や処方箋補足入力、OTC医薬品販売などにも対応しながら、自分の中では行政が主導する栄養改善事業による介護予防を推進する在宅栄養相談がメインの仕事と捉えています。在宅ならではのやりがいを感じています。
在宅栄養相談の醍醐味は、患者様のご自宅を訪問して、生活の様子を拝見しながら栄養指導ができることです。ご自宅の台所はどんな感じで、どういう調理器具や食器があるのかまで拝見しながら、患者様と一緒に調理実習をして実際にお使いのお皿に盛りつけて「これぐらいなら食べて大丈夫」と具体的な話ができるのは、とても面白いですね。

「この人が言うなら」と信頼されることを優先する。

私の勤務する店舗では、処方箋をお持ちになる患者様に向けた調剤サービスを提供しながら、薬剤師の方が「栄養相談もありますがいかがですか?」とご案内いただく形で患者様との接点をつくっていただくことが多いです。そうやって患者様と触れ合う中で強く感じるのは、「患者様をその気にさせるのも管理栄養士の大事な仕事」だということです。
栄養相談を受けて、指導の下に食事を管理するのは、誰でも面倒と感じるものだと思います。だから私は最初から食事の話をせず、患者様が思っていることをお聞きするところから始めて、「この人の言うことならやってみよう」と信頼をいただくことに注力しています。

「大嶋さん、いる?」と来店される患者様ができた。

自分の指導やサポートをきっかけに、患者様が食事を改善した結果、検査の数値がよくなった、と報告をいただいた時はやはりうれしいものですね。
以前、80歳代の患者様がよく来店されていて、薬剤師の案内で栄養相談を受けていただくことになりました。ご来店のたびにお話をするようになり、そのうち「大嶋さん、いる?」と食事の話だけに来店されるようになりました。その後、毎回血液検査の結果を持ってきて「今回はよくなっていた」と喜ばれたり、「今回は悪くなったけど何がいけなかったのか」と質問されるようになり、やる気になっていただけたのはとてもうれしかったですね。

他のメッセージを見る