先輩からのメッセージ

経営陣がみんな薬剤師という会社だから、現場の薬剤師も安心して働ける環境がある。困ったことは社長に直接話せる距離感がいい。

薬剤師加藤 洋幸
昭和大学大学院修了。大学時代は薬学部で、どちらかというと製薬会社の研究・開発職に進む人が多い基礎コースに在籍。母親が薬剤師だったことと、大学病院での実習の話を友人から聞いて感化されたこともあり、薬剤師としての就職を希望し入社。現在に至る。

調剤薬局は一人ひとりの患者様に手厚くできると感じた。

大学院まで進んだ理由は、大学の4年間では将来の進路が絞り込めなかったことが大きかったと思います。薬局での薬剤師や製薬会社でのMRなど、多様な選択肢がある中でどこを目指すか、決めきれませんでした。大学院では研究職になる人の多い「基礎コース」を選択しましたが、薬剤師だった母親や大学病院の実習に臨んだ友人の話を聞くにつけ、調剤薬局で働く方が一人ひとりの患者様に手厚い対応ができると感じるようになりました。
当社のことは人材紹介会社を通じて知ったのですが、当時では珍しかった在宅調剤にも力を入れているというのが興味深かったのと、社長との距離の近さで入社を決めました。

薬局の店舗運営に必要なあらゆる業務を経験。

当社の調剤薬局の店舗において、必要となる業務のほとんどに携わらせてもらっています。一般の調剤業務はもちろんですが、OTC医薬品の販売も対応しますし、施設向けの調剤サービスや在宅調剤も担います。最近では売上げなどのお金の管理や在庫管理も携わっていますし、保険請求を上げるためのレセプト業務にまで手を出しています(笑)。
レセプト業務は、もともとやってみたいと思っていました。それまでは自分よりもポジションが上の人がレセプト業務を担当していましたが、自分ができるようになればより一層薬局の店舗運営がスムーズになると考え、「やります」と手を挙げてみたという感じです。

社長をはじめ経営陣が薬剤師なのは安心材料。

当社が薬剤師にとって働きやすい理由は、社長をはじめとした経営陣がみんな薬剤師の資格を持っており、現場での勤務経験があるからではないかと思っています。薬剤師を「コマ」のように扱うのではなく、薬剤師が実際に現場でどんな動きをするものなのか、ということを経営者が把握できているのは、私たちにとって安心して働ける環境だと感じます。
また普段から社長とのコミュニケーションが取れるのも、大きな魅力です。社長は日常的に店舗を巡回して私たちに気軽に声をかけて下さいますし、時には「飲みに行こう」とお誘いいただくこともあります。現場で困っていることを直接伝えられるのも、いいですね。

自分が調べた情報を主治医の先生に伝えてくれた。

それぞれ異なるお悩みをお持ちの患者様一人ひとりに寄り添って、考えていることをうまく引き出せて、お役に立てたと実感できた時はこの仕事をやっていてよかった、と感じます。患者様とのおつきあいがそれぞれ深くできるのは、当社で働く醍醐味ですね。
最初はなかなか話していただけなかった、前立腺癌の患者様がいました。お体の状態を示す指標の数値がなかなか改善されない中、「こんな新薬が発売される」「こういう治療法もある」などと自分が調べた情報をお伝えしました。すると次第に打ち解け、私の情報を主治医の先生に伝えて下さるようになりました。信頼が築けたのが、うれしかったですね。

他のメッセージを見る