インターンシップ

インターンシップ①~薬剤師と管理栄養士のコラボ体験~

「調剤」で培う、薬局の「健康」「予防」機能への期待

薬局は病気にかかったときの調剤を行うだけではなく、その病気を予防する、健康を維持することにも貢献できると考えています。そうした健 康維持・予防の段階からお付き合いのある方は、お薬が必要になった時にきっと私たちのことを思い浮かべてくれるでしょう。では、「薬局に行 けば健康のことや予防のことまで教えてくれる」という信頼や期待は、どのようにして培っていくことができるでしょうか?調剤を通じて、薬剤師 と管理栄養士が協力することでどんな付加価値を提供しているのか、ぜひご体験ください。

インターンシップ②~在宅同行・アセスメント体験~

「アセスメント」と「多職種連携」 お薬を届けるだけではない在宅医療

薬剤師の在宅訪問というとお薬を届けるということに焦点を置きがちですが、実は訪問の準備が非常に大切です。その薬で問題ないかをしっかりと「アセスメント」した上で、服薬による効果や副作用の有無を「確認」するために訪問しなければ、単なるお薬のお届けと世間話に終わってしまいます。
本インターンシップでは、どのようなアプローチで「アセスメント」を行うのか、常に自分が見ていられるわけではない患者様を他職種の方と連携して見守っていくために、どんなコミュニケーションを図るのかをご体験いただきます。

インターンシップ③~OTCカウンセリング体験~

薬を自分で選ぶことの難しさと楽しさ

「受診勧奨かOTCか」 病気やその他健康に関するご相談をいただいた際に必ず考えることですが、薬学的に判断するにはどうすればよいのか、症例の検討を通して体験いただきます。 また、実際に薬を選ぶとなった時に、どんな視点を持ちどんな点に配慮し、どう患者さまに投げかけていくべきか、ワーク・ディスカッション形式で体験していただきます。